HOME |  毎日 |  遠足 |  運動会 |  四季 |  専門店 |  歴史 |  お花見 |  サイトマップ | 

歴史

風呂敷の歴史は奈良時代までさかのぼり、正倉院宝物の中に
舞楽の衣装包みに用いられたものが残っています。

平安時代には庶民が衣類を包んで頭の上に載せて運んでいる様子が描かれています。
その名のとおり風呂に敷く布として使われたのは室町時代からで、当時の風呂は
蒸し風呂のような形であったため、ムシロや布が床に敷かれていました。

その布の上で大名たちが着替えをしたのが始まりとされています。
江戸時代になると風呂の形が現在と同じようになり、衣類を包む用途と
風呂に敷く用途が融合します。

庶民たちは服を布に包んで持っていき、風呂に布を敷いて着替えを行いました。
その頃から布を風呂敷と呼ぶようになったのが現代に伝わるルーツです。

風呂敷は日本の文化に根付いており、慶弔問わず様々な場面で用いられてきました。
また、どんな形の物でも包むことができる入れ物として海外での人気も高いです。

値段も高価なものから安価なものまでありますが、通販サイトでは買いやすい価格で
非常に凝ったデザインのものが販売されています。

風呂敷は百貨店などでしか買えないので、店舗に買いに行くよりも
通販を利用する方がデザインの選択肢が多く、おすすめです。